よく間違われること

1、○○牛と○○産黒毛和牛。

2、国産牛と黒毛和牛。

3、ハラミ

 

1、これは簡単です、わかりやすく言うと松阪牛と三重県産黒毛和牛。違いますよね。

要は『産』がつくかつかないか。三重県産A5ランク黒毛和牛。と言われても松阪牛ではないです。

高級本革の財布とボッテガ。こんな感じです。ボッテガが革かしりませんが。

これはわかりやすい例でしたが、仙台牛。これはややこしい。

ブランドでも唯一A5、B5ランクのみ仙台牛と名乗れます。

仙台牛と仙台黒毛和牛は別物です。後者の方が良さそうですが、C5ランク以下です。

言葉のマジックですね。

2、黒い牛とそれ以外。乳牛など含む。

交雑種と言われるのが国産牛で、私的にはだから良い悪いとも思いません。

価格通りの味で、それはそれでありです。

和牛にこだわる必要がないならば、正直に国産牛って書いてあるお店が良いと思います。

国産牛カルビ490円!最高だと思いますよ。

たちわるいのが、どことは言いませんが、国産牛を和牛って言うお店じゃないでしょうか。

さらにたちわるいのが経産牛。

これ黒毛和牛って言えるのが怖い(笑)

うそじゃないから。

これも、黒毛和牛経産牛です!だから、お値打ち価格で提供!1度食べ比べてください!って販売してたら、

そこのお店ファンになりますね!すげー!って思う。

3、横隔膜(内臓)です。

内臓の為黒毛和牛表記NGです。

黒毛和牛ハラミ→×(1頭買いのお店として書かざる得ないお店)

国産ハラミ→○(和牛と交雑が混ざる事を知っているお店)

ただ、牧場の近くだったら、黒毛和牛表記OKじゃないでしょうか。

1つ言えるのは、国産ハラミあったら食べた方がいいよ!

これもランクがあり、当たりはずれえぐいですが、

フレッシュの国産ハラミはまじ旨い!

 

よくある質問より、よく間違われる事でした。